サントリーの角瓶について

 

お酒の種類には、さまざまなものがあります。

 

飲み会の席などで盛り上がるには、ビールのようなお酒が好まれますが、落ち着いた気分で味わいたい場合には、ウイスキーのような高いアルコール度数のお酒を飲む人が多いです。

 

 

ウイスキーは、日本国内のものだけでも種類が非常に豊富です。

 

たとえば、サントリーというメーカーの角瓶が注目を集めています。

 

ウイスキーの飲み方は、ストレート、ロックなどがあります。

 

 

しかし、最近ではウイスキーをソーダで割って飲むハイボールというタイプが好まれるようになっています。

 

サントリーの角瓶は、ハイボールに適したウイスキーとして知られているのです。

 

もちろん、ストレートやロックでも、美味しく飲むことができます。

 

 

サントリーの角瓶にも、さまざまな種類があり、ウイスキーを愛する人は、好みの種類を決めているものです。

 

オーソドックスなものは、京都郊外の山崎で長年にわたって作られてきた製品で、甘やかな香りや、重厚さ・まろやかさのあるコクが特徴です。

 

 

また、淡麗タイプのモルト原酒と熟成させたグレーン原酒とをブレンドさせたものもあります。

 

昔からの伝統を維持しながら、食中酒として味わうことができる淡麗・辛口を取り入れています。

 

 

他にも、ドライな味わいをベースとして、濃厚な味わいを実現させた種類もあります。

 

アルコール度数が43度という高さで、本格的なウイスキーとなっています。

 

モルティでクリーミーになっているのが特徴です。